川崎の胃カメラ、内視鏡日帰り手術なら須田メディカルクリニックへ
HOME>検査の分類

経口・経鼻内視鏡

上部内視鏡検査(胃カメラ)
上部内視鏡検査(胃カメラ)の写真
胃カメラには方法が二種類あり、口から挿入する方法と鼻から細いカメラを挿入する方法があります。

口からカメラを挿入し食道、胃、十二指腸などを調べる経口内視鏡は以前より行われている方法です。また近年では鼻から胃カメラを挿入する経鼻内視鏡が可能となりました。

口から挿入すると咽頭反射が強く、検査中に吐き気を催しながら苦痛に耐えて行なっていた検査を、細いカメラを鼻から挿入する事により以前より楽に行なえる様になりました。


検査前日

夕食は軽食にして頂き、21時以降は食事を取らないようにお願い致します。
水分に関してはお水のみ摂取可能です。
また、早めの就寝をとって頂き体調を整えましょう。

 

検査当日

当日の朝は、少量のお水だけにして頂き、食事は取らずにご来院ください。
現在薬を服用している場合は、飲んでいる薬を前もってご報告下さい。
検査の際に、検査着に着替える場合もありますので、着替えやすい格好でご来院下さい。

消泡剤という薬を飲んで頂き、胃の中の泡を取り洗浄を行います。
次に、麻酔薬を一定の期間のどにため、その後飲み干して頂きます。
 

検査実施
検査実施のイメージ写真

検査台に対し、身体の左側を下にして横向きになっていただきます。

のどにスプレー麻酔し、その後マウスピースをくわえます。
その後、医師が内視鏡を使用し、様々な箇所を検査していきます。

内視鏡検査自体は約5~15分程度で終わります。

検査終了
前投薬による影響

薬の影響でまぶしく感じたり、のどが渇いたり、足もとがおぼつかないなどの症状が残りますので、症状が落ちついた後に帰宅してください。

飲水のタイミング

のど(経鼻)麻酔のため口にしびれが残ります。したがって、しびれが無くなってから少し水を飲んでみて、むせない事を事前に確認してから飲水してください。

飲食のタイミング

飲水の際にむせない事を事前に確認後、食事にしてください。
組織検査をした患者様は2時間ほどあけてから、柔らかめの食べ物を摂取して頂き、アルコール、並びに香辛料が効いた辛い食べ物は避けるようお願いします。(※検査当日)

送気した空気による影響

検査中に胃を膨らますために送った空気は胃カメラを抜く際になるべく抜くようにしておりますが、検査後に少しお腹が張るような感じが残るケースがあります。

次の様な症状がある時は病院に連絡、来院してください。
  1. 黒い便がたくさん出る。
    真赤なものを吐いてしまった。
    高熱とひどい腹痛がある。
    夕方まで尿が一回も無い。